HOME>イチオシ情報>新潟の社会福祉士の求人数と社会福祉士に必要な資質

新潟の社会福祉士の求人数と主な特徴

新潟の社会福祉士の求人数は2000件以上あり、特別養護老人ホームやショートステイの老人ホームでの仕事が多いのが特徴です。

社会福祉士になるために必要なことリスト

  • 国家資格である社会福祉士の資格を取得
  • コミュニケーション能力を身につける
  • 臨機応変に対応できる冷静な判断力
  • 心理学や法学など福祉以外の幅広い知識
  • 相手の立場になって考える思いやりの心
  • 職場の人と協力して働ける協調性
  • 相談者のプライバシーに配慮できるなどの良識
  • 色々なタイプの人に対応する上での忍耐力
  • 相談者の背景を理解するための想像力
  • 相談者をより良い方向へ導くための調整力

専門学校や大学で実践力を身につけられる

食事

社会福祉士になるためには、医療系の専門学校や大学に入学して学ぶという流れになります。新潟で社会福祉士になった人は非常に高い就職率を誇っており、就職難の時代に強い仕事であることがわかります。社会福祉士になるために大切なのは座学に加えて実践で、現場を多く体験した人ほど有利です。現場で体験できる学習方式を用意する学校であれば、実践力を鍛えるのに最適でしょう。座学で得た知識を素早く実践で活かしていくことが実力を身につけるポイントです。

さまざまな施設で仕事を経験できる

老人と介護士

社会福祉士は将来性のある職業であり、さまざまな施設での活躍が期待されています。医療機関だけでなく高齢者施設、障がい者支援施設その他、健全な生活を送るのが難しい人全般を応援します。病院や介護施設、学校などで活躍できますし、公務員を目指すうえでも有利です。新潟も他地域と同様に少子高齢化の影響を強く受けており、今後は社会福祉士の需要はさらに高まると予測されています。専門学校や大学では都道府県が認定する資格であるケアマネージャーを目指せるところも少なくありません。

コミュニケーション能力が育つ

車いす

さまざまな職業のなかでも社会福祉士は子どもから高齢者まで、幅広い年齢層の人にサービスを提供します。高いコミュニケーション能力が必要になるので、人が好きな人に向いている仕事です。そのため社会福祉士を目指せる新潟の専門学校や大学では、高度なコミュニケーション能力を身につけるプログラムを用意するところが多いです。

広告募集中