HOME>特集>福祉系の国家資格を取るためにはどこで学べばよいのか

目次

大学や短大で学んで受験資格を得る

車椅子

社会福祉士になるには、国家試験に合格しなければなりませんが、そのためには受験資格を得る必要があります。受験資格を得るためのルートはいくつかあり、どれを選択するかによって入学する学校も異なってきます。ルートの中でも、もっともスムーズだと言われるのが福祉系の4年制大学に入学するコースで、指定科目を履修し卒業すれば受験資格を得ることが可能です。ただし、新潟の大学によっては指定科目ではなく、基礎科目だけしか履修できないところもあり、その場合は卒業後に短期養成施設で学ぶ必要が生じます。福祉系大学のなかでも、2年又は3年の短期大学で学ぶという選択肢もありますが、短大の場合は指定科目を履修し卒業するだけでは受験資格が得られません。短大で学んだ期間と合わせて4年以上、相談援助の実務経験が必要です。

社会福祉系の専門学校に入学する方法もあり

4年制大学や短期大学以外で、新潟で社会福祉士受験資格を得るには、専門学校の社会福祉学科に入るという方法もあります。学べる期間は2年・3年・4年制とさまざまで、大学と比較した場合、実践的カリキュラムが充実しているという特徴があります。受験資格を得るには短期大学と同様で、卒業後に定められた年数の実務経験が必要になります。どのルートを選んでも実務経験と言われるものの定義は共通であり、児童施設・高齢者施設・障がい者施設などで相談援助業務をおこなうこと、とされています。

RVP2テキストリンク1

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-1

RVP2テキストリンク2

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-2

RVP2テキストリンク3

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-3

RVP2テキストリンク4

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-4

RVP2テキストリンク5

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-5

広告募集中